演習林日記(仮)

鹿児島大学農学部附属高隈演習林の職員日記です。

沢登り・源流体験・留守本部

川に入れなかった小学生が退屈していたのでカメラを渡してみたところ、
いろいろなものを撮影してきました。

P5280057_c.jpg

P5280064_co.jpg
農学部の紹介DVDの撮影隊もタイミングよく来演しました。

P5290243_c.jpg

P5290226_c.jpg

P5290196_c.jpg


沢登りの写真はまた後日。
@あ
  1. 2013/05/29(水) 16:43:22|
  2. 地域貢献
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伐採地の定点観測をする

去年と一昨年の伐採現場を連続写真で。
奥の山を目印に。

2-watowo-043-01_c.jpg
2010年3月 手前は50年前に植えられたスギ林。

2-watowo-043-02_c.jpg
2012年3月(推定) 皆伐が終わり視界が開けました。地拵えの棚が等高線状に見えます。

2-watowo-043-03_c.jpg
2013年3月
1年後、さらに奥まで伐採が進む。去年の地拵えの棚は見えづらくなり、草の中にスギの苗木がちらほら。

2-watowo-043-05_c.jpg
2013年5月 上の写真から2か月。草が茂り、夏の下刈りが必要です。


@あ
  1. 2013/05/24(金) 17:08:28|
  2. 造林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枝打ちの教材

P5100018_c.jpg
写真右。直径5.5-6.0mmのときに枝打ちをしたヒノキ。巻き込んで2年目。


@あ
  1. 2013/05/22(水) 17:12:34|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビシャゴの意味。19林班で道づくり

古道を拡幅したら、ビシャゴ岳が見えた。
「ビシャゴ」とは、鳥のミサゴ(オスプレイ)の意味。
山名になった理由は、ミサゴがいるからか、
あるいは、ミサゴのように水面に向かって急降下する土石流が多発する地形だからという説も
(錦江湾の湾奥が大噴火した名残の山だ)。

P5160005_c.jpg
演習林の植物リストで「生息状況不明」となっているコナラを何本か確認。


@あ
  1. 2013/05/16(木) 17:13:06|
  2. 生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに雨

P5100026_c.jpg
エゴノキの花。


@あ
  1. 2013/05/10(金) 16:38:20|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灰の置場

鹿児島大学に隣接する住宅地のゴミ収集場所の看板。
桜島の灰を集めて「克灰袋」に入れたら、ここに置く。

P2070151_co.jpg
イラストが渋い。


@あ
  1. 2013/05/09(木) 17:14:08|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今の気温と降水量などがわかる

演習林のリアルタイムの気象状況がわかるページは⇒こちら
大雨のときの雨量の確認などにも便利。

P1152884_c.jpg
(今年1月に張った氷)


@あ
  1. 2013/05/07(火) 17:14:34|
  2. 研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作業路の拡幅

間伐予定箇所への作業路をつくる。

P5020008_c.jpg
現場に通じる、雑木に覆われた古い作業路を拡幅していく。

P5020012_c.jpg
この現場は、錦江湾を眺めながらの仕事になるはず。


@あ
  1. 2013/05/02(木) 17:08:48|
  2. 生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takakuma

Author:takakuma
高隈(たかくま)演習林は
鹿児島大学が
教育と研究のために所有する
面積3000ヘクタールの森林です。
鹿児島県垂水(たるみず)市にあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

教育 (80)
研究 (38)
生産 (25)
造林 (4)
土木 (8)
地域貢献 (156)
その他の業務 (67)
あれこれ (66)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード